So-net無料ブログ作成

鬼門!学生時代一番頑張ったこと!〔エントリーシート編〕 [就活]

さて、今回は私が非常に苦労した「エントリーシート」を中心に綴っていきたいと思います。

と、その前にブログタイトルが「元銀行員のアラサーが銀行の実態を綴る~」と書いてあるのに、全然銀行の話でてこないじゃん!と思っていらっしゃる方もいるかと思いますが…この「就活編」が終わったら「銀行編」を書いていくので、もう少しお待ちいただきたいなと思います。

では、話を戻しまして…
そもそもエントリーシートってなに?ってことなのですが、簡単に言ってしまうと「履歴書、自己紹介文」です。

就職するにはいくつかの審査をクリアしないといけません。
その段階とは…
説明会に出席→エントリーシート提出&学力・適正テスト→(なるべくOB訪問)→面接→内定といった段階です。
面接は多い企業だと6回以上というところもありました。

まず、最初の「説明会に出席」ですが、そもそも出席しないと書類すら送ることができないという企業が多かったのです!
もちろんすべての企業がそうであったわけではないですよ!
ただなんとなく「うちの企業に就職したいの?だったら説明ぐらい出席してるよね?」という雰囲気が漂っていたように感じます。笑
学生達の間でも「私、この企業の説明会でていないのだけど、やっぱり難しいかな」などとよく会話されていました。

次に「エントリーシート」ですが、上で記載したように履歴書のようなものです。
内容は企業によって異なりますが、どの企業も必ず取り入れている鉄板な質問がありました。
それは「学生時代一番頑張ったことはなんですか」です。

この質問、私にとっては非常に厄介な質問だったのです。
なぜ厄介だったかというと私の頑張ったことといえば「勉強」しかなかったからです。

とりあえず勉強を題材にエントリーシートを書こうと、書き方の参考にと購入した就活本には衝撃の文言が書いてありました。

「学生時代一番頑張ったこと=自己アピール、つまり自分の強み、勉強を頑張りましたは当たり前」…えー!嘘でしょう!と慌ててネットで検索すると「勉強アピールはつまらない」「派手な出来事でなくても大丈夫。アルバイトやサークルで頑張ってきたことを書きましょう」「頑張ったことがないあなた!今から頑張ったことを作りましょう」

…「勉強」だめじゃん!派手な出来事(海外支援活動やボランティア、留学、インターン等)はもちろんのこと、サークルすら入ってない。
バイトはやったことはありましたが、短期のバイトなので、到底打ち込んだこととは言えない!
それに今から頑張りましょうって私は既に出遅れているので、さすがに今から頑張っても話のネタにできない。

こういったことを一通り調べ終わった私はエントリーシート提出できないじゃん!と絶望しました。
(最近の就活では学生時代一番頑張ったことは「勉強」でも受けがいいみたいですね!「勉強」を重視している企業も増えたのだとか。)

このときから「学生時代一番頑張ったこと」を見つけるための「自己分析」地獄が始まったのです…。

もう少し長くなりそうなのでわけます!
次回は自己分析編を投稿したいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。